NEWS・BLOG|看護学科『初めての実習』

みなさん、こんにちは

今日は1年生の初めての実習である、「基礎看護学実習Ⅰ」を紹介します☆

     

「基礎看護学実習Ⅰ」の目的とはなんでしょう?

   

患者様に応じたコミュニケーションの図り方を学び、患者様の療養生活環境や日常生活援助の実際を理解することが目的です。

  

つまり、病院で生活している患者さんと話したり援助したりして、頭で考えるだけじゃなく、実際に看護を体験する!...という、実習です

   

そして、今回紹介するのは実習終了後のまとめ発表です

    

グループワークの様子    

   

  

実習グループごとに前へ出て発表していきます。

   

   

実習期間は1週間と短いですが、そこから得られたものはたくさんあるようです

   

どんな患者様だったか、何に気をつけて援助を行ったか、その援助で患者さんにどんな影響があったかなど、緊張しながらもしっかりと発表を行いました!

   

先生方は発表を聞き、評価を行います。

    

また、他グループの学生が質問をし、お互いの学習内容を共有し理解を深めます

   

    

先生から質問されることも

  

最後は先生たちから一言ずつ。

    

このように、1つの実習が終了するたびに、まとめ発表を行い、先生の意見や他学生の考えを知りながら自分の理解を深め、今後の実習に役立てていくそうですよ♪

2015年度のブログはこちら
  • スポーツ学科 BLOG2015年度
  • はり・きゅう学科 BLOG2015年度
  • 柔道整復学科 BLOG2015年度
  • 理学療法学科 BLOG2015年度
  • 看護学科 BLOG2015年度
  • トライデント スポーツ医療看護専門学校 公式ツイッター
  • プロフェシオン 写真と動画で職業紹介
  • 提携学生寮の小案内 無料体験宿泊について
  • Nasic ナジック
  • レオパレス21
  • Orico 学費サポートプラン
  • JACCS WebBy 分割クレジット
  • Cedyna セディナ学費ローン 三井住友フィナンシャルグループ