学科・専攻の概要

理学療法学科

4年制/昼間部

  • 4年制だから身につけられる高度な専門スキル
  • 心理学で患者様に寄り沿う「心」から、制度や運営に関することまで広く学び
    臨床力を高める
取得目標資格 理学療法士(国家資格)、介護予防運動指導員、高度専門士
将来の進路 病院、診療所、リハビリテーションセンター、児童福祉施設、養護学校、
介護老人福祉施設、老人保健施設保健所、保健センター、
訪問看護ステーション など

深く確実に学ぶための4年制

基礎を徹底的に学び、さらには現場に即した授業スタイルや実習経験を積むことで、社会で求められるスキルを習得。充実した4年間の学びにより、臨床現場で求められるスペシャリストへと成長します。

4年間あるからしっかり基礎を固めて実習に臨む

基礎科目の「生理学」「解剖学」「運動学」では必ず復習授業をおこない、基盤となる知識をしっかり定着。そのうえで、専門科目や臨床現場で役立つ“人体表面からの触診”などにも力を入れ、即戦力を培います。

臨床現場で求められる即戦力を養うための「統計」「論文」「研究」

これからの臨床の現場では、“EBM=evidence-based medicine”(臨床研究などの科学的根拠に基づいた医療)が必要とされます。学会発表のみならず、日頃おこなわれている症例検討会やカンファレンスなども、科学的根拠に基づいて進める必要があります。トライデントでは、臨床現場で必要となる“研究方法”を「研究法入門」や「研究論文集計学」で学び、論文としてまとめていくとともに、高度な機器を用いた研究をおこない、発表する力を養います。

未来の可能性が広がる「高度専門士」が取得可能

理学療法学科は4年制で、文部科学大臣が指定した課程を修了すると、「高度専門士」を取得します。そのため、卒業後には大学院への進学も可能となり、就職の際には大学卒業同等とみなされる場合があります。

カリキュラム[2016年度科目]

実践型授業の多さが特徴。知識だけでなく、卒業後すぐに役立つスキルが身につきます。

基礎分野 心理学Ⅰ、心理学Ⅱ、コンピュータ、保健体育学、英語Ⅰ、自然科学、
物理学演習
専門基礎分野 基礎解剖学、機能解剖学Ⅰ、機能解剖学Ⅱ、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、
解剖学演習、生理学演習Ⅰ、生理学演習Ⅱ、運動学Ⅰ、運動学Ⅱ、
運動学演習、臨床運動学Ⅰ、臨床運動学Ⅱ、運動学実習、人間発達学、
医学概論、病理学概論、内科学、整形外科学、神経内科学、
一般臨床医学Ⅰ(小児科学)、一般臨床医学Ⅱ(精神医学)、
一般臨床医学Ⅲ(脳神経外科学)、臨床心理学、予防医学、薬理学、
スポーツ医学、英語Ⅱ(医学英語)、リハビリテーション概論、介護福祉概論
専門分野 研究法入門、理学療法概論、研究論文集計学、理学療法評価法Ⅰ、
理学療法評価法Ⅱ、理学療法評価法Ⅲ、運動療法学Ⅰ(骨関節機能)、
運動療法学Ⅱ(脳神経機能)、運動療法学Ⅲ(循環器内部機能)、
運動療法学Ⅳ(発達機能)、臨床理学療法、疼痛学、物理療法学、
義肢装具学、スポーツ理学療法学、日常生活活動学、理学療法セミナーⅠ、
理学療法セミナーⅡ、理学療法セミナーⅢ、理学療法セミナーⅣ、
地域理学療法学、介護予防学、臨床実習Ⅰ、臨床実習Ⅱ、臨床実習Ⅲ

※設置科目は変更になる場合があります。

授業PICK UP!

運動学実習

身体の動きを科学的に理解し、どんな影響を及ぼすのかを明らかにします。

理学療法評価法Ⅰ

評価の重要性を理解し、臨床で必要な検査測定技術を習得します。

機能解剖学Ⅱ

骨格や筋などを中心に、身体の表面から触って仕組みを理解します。

研究発表

テーマごとに研究を進め、発表して論文にまとめます。

  • トライデント スポーツ医療看護専門学校 公式ツイッター
  • プロフェシオン 写真と動画で職業紹介
  • 提携学生寮の小案内 無料体験宿泊について
  • Nasic ナジック
  • レオパレス21
  • Orico 学費サポートプラン
  • JACCS WebBy 分割クレジット
  • Cedyna セディナ学費ローン 三井住友フィナンシャルグループ