資格・学習サポート

資格取得サポート

万全な体制で2つの100%を実現

3年連続100%合格を叶える国家試験対策

[全国平均を大きく上回る合格率]
合格率

グループ学習

疑問点や苦手分野をお互いに教えあうスタイルを授業に取り入れることで、教える側と、教わる側の両方の理解が深まります。同じ目標に向かって協力する経験は、チーム医療に携わるうえで大きな財産になります。

国家試験対策特別授業

目前に迫った国家試験を見据え、出題される16分野の傾向を分析して、具体的な対策をおこないます。市販の教材に加え、トライデントオリジナル教材を使用して、苦手分野の克服を目指します。

国家試験対策特別セミナー

過去のデータベースを参考に、最新の出題傾向や解き方のコツなどを指導。また主要な出題分野には、その世界で活躍する外部講師を招いて、専門性の高い特別セミナーを実施しています。

国家試験模擬試験

全国レベルでの実力を把握する模擬試験には、精度の高さに定評がある株式会社三輪書店、医歯薬出版株式会社を採用。午前・午後ともに160分の試験時間で、本番さながらの学内摸試を15回以上実施しています。

学習サポート

臨床現場で活躍する力をつける4年間

目標に向けて学び続けられるサポート体制

徹底した個別サポート

一人ひとりの学習計画をもとに、クラス担任との個別面談を繰り返しおこなう中で、それぞれの学習プロセスをしっかり把握。学習状況に合わせて、基礎科目強化の補講をおこなうなど、目標達成に向けて全力で取り組みます。

学習習慣が身につく仕掛け

「グループ学習」「課題研究」「研究発表」「症例報告会」など、自分から発信するカリキュラムを通して、自ら行動して学ぶ習慣やコミュニケーション能力、社会人としての基礎力を自然と身につけることができます。

プロの世界に活きる学び

現役のドクターによる指導

臨床科目である「内科学」「神経内科学」「小児科学」「精神医学」「整形外科学」「脳神経外科学」などは、すべて現役のドクター(臨床医)が担当。現場を知っているからこそ語れる、実践的な授業が受けられます。

臨床現場に必須の研究方法

日々進化する医療の現場で、より良い治療法を探すための臨床研究は必須です。研究方法の基礎を学び、実際にグループで研究を進め論文にまとめあげるなど、臨床での実践力を鍛えるカリキュラムがあります。

医療・福祉・スポーツ分野を強化

理学療法士の活躍のフィールドは、医療から介護、スポーツ、教育など多岐にわたります。スポーツや福祉領域の学科・専攻を持つトライデントでは、スポーツ外傷や障がいの状態を理解する障がい評価法や、テーピングなどを学びます。
また「介護予防運動指導員」の資格取得も可能です。

  • トライデント スポーツ医療看護専門学校 公式ツイッター
  • プロフェシオン 写真と動画で職業紹介
  • 提携学生寮の小案内 無料体験宿泊について
  • Nasic ナジック
  • レオパレス21
  • Orico 学費サポートプラン
  • JACCS WebBy 分割クレジット
  • Cedyna セディナ学費ローン 三井住友フィナンシャルグループ