イベント申し込み
資料請求

理学療法学科

理学療法士として誰かを支える

PHYSICAL THERAPY

理学療法士として誰かを支える

理学療法士は、病気やケガの回復を促し、再び社会や日常生活に戻れるように支援をする仕事です。運動療法や徒手
的療法、物理療法など、さまざまな治療方法を用いた身体機能の回復は、単なるリハビリテーションの枠を超え、
その人らしさや、生き甲斐のサポートをする自立支援、生活支援、健康増進、介護予防の分野にもつながります。

理学療法学科

理学療法学科の学び
3つのポイント

Point01

チーム医療の一員となるため
"社会人基礎力"を習得

従来の知識詰め込み型ではなく、自ら問題発見し課題を導き出す「アクティブラーニング(能動的学習)」を多く取り入れているのが特徴です。グループワークやロールプレイング、プレゼンテーション、報告会など、さまざまな授業を通して仕事をしていく上で必要な『考え抜く力』『前に踏み出す力』『チームで働く力』などを身につけていきます。

Point02

知識だけじゃない!
必要なのは現場で使える即戦力!
たしかな"臨床力"を養う

臨床実習前後に実施される「OSCE(客観的臨床能力試験)」。臨床現場で必要な知識、技術、コミュニケーション能力などを確認する試験です。また、臨床実習後には、実際に治療に携わらせていただいた患者様の症例をもとに「症例報告会」をおこない、質の高いたしかな"臨床力"を身につけられることができるのがトライデントの特徴です。

Point03

河合塾グループだから実現!
予備校ベテラン講師が苦手科目をフォロー

高等学校で学んだ「生物」「物理」「化学」は、入学後に学ぶ「生理学」「解剖学」「運動学」「物理療法学」などの専門科目の重要な基盤となります。高校では進路状況により履修度合いが異なるため、苦手な学生も多いこれらの科目を、母体である河合塾のベテラン講師から分かり易く丁寧に学ぶことができ、スムーズに専門科目に取り掛かることが可能です。

学びのステップ

初めて学ぶ知識をしっかりと定着させられる基礎授業を1年目に経て、2年目ではより専門性を追求、3年目からは実習に重点を置き、臨床力を高めていきます。

学びのステップ

  • トライデント スポーツ医療看護専門学校 公式ツイッター
  • プロフェシオン 写真と動画で職業紹介
  • 提携学生寮の小案内 無料体験宿泊について
  • Nasic ナジック
  • レオパレス21
  • Orico 学費サポートプラン
  • JACCS WebBy 分割クレジット
  • Cedyna セディナ学費ローン 三井住友フィナンシャルグループ